小顔になりたいならエラの張りを無くそう【ボトックス注射が最適】

婦人
  1. ホーム
  2. ボトックスの効果

ボトックスの効果

顔を触る人

小顔に見せることができる

ボトックスは、筋肉の働きを弱めて筋肉を小さくすることができる成分です。スリムであることはスタイルが良く見えることにもなり、脂肪ではなく筋肉が原因となって太く見えている部分にボトックス注射を利用してみれば、部分痩せをすることにも役立つとして二の腕やふくらはぎなどにも利用されています。また、ボトックス注射は顔にも利用することができ、必要以上に筋肉を動かさないことによってシワを作らせないアンチエイジング治療としても人気がありますが、エラの部分に注入して小顔にするという治療でも多くの人に利用されている実績があります。顔が大きく見える原因として、脂肪であれば脂肪溶解注射が向いており、また骨格的な問題であれば骨を削るといった外科手術が必要になってきます。これ以外にも、エラの部分の筋肉が発達していることによって顔が大きく見えてしまうという症状を抱えている人もいます。寝ている間の歯ぎしりは、非常に強い力で噛みしめをしていることになり、エラの部分の筋肉が異常に発達していることになります。また、歯ぎしりをしないという人であっても、日ごろからストレスを抱えながら生活をしていると、日中から歯をぐっと噛みしめながら過ごしている人もいます。強い歯の噛みしめは、筋肉を異常に発達させるだけでなく歯にも大きなダメージを与えることになり、重度になれば歯が割れるといった症状にもなってしまいます。スポーツをしたりリラクゼーションのためのマッサージを受けるなど自分に合ったストレス解消法を見つけて取り組むことも重要ですが、発達しすぎてしまったエラの部分の筋肉はボトックス注射が役立つことになります。左右それぞれの頬にボトックス注射を施してもらうことになりますが、食事をしたり会話をしたりといった生活に支障が出ない量が調整されて注入されるので、安心して利用することができます。日帰り利用で治療を受けることができ、注射をするだけなので短時間の施術で完了します。しかし、成分は次第に体の中からなくなってしまうので、定期的に通い続ける必要があります。