小顔になりたいならエラの張りを無くそう【ボトックス注射が最適】

婦人
  1. ホーム
  2. ボトックスでエラをなくす

ボトックスでエラをなくす

注射

ボトックスの基礎知識

エラが張っていると顔が大きく見えることがあります。小顔にする方法には顔のマッサージなどがありますが、エラボトックスすることで小顔効果が期待できます。エラが張っているという状態には、骨が突き出ている、脂肪が多い、筋肉が発達しているなどがあります。骨の形によってえらが張っている場合は手術で削る必要があり、脂肪が多い場合には脂肪吸引や脂肪溶解注射での改善が適しています。筋肉が発達している場合にはボトックスで改善することができます。ボトックスには筋肉の動きを止める作用があり、エラボトックスはエラの咬筋の筋肉に注射することで筋肉を動かないようにして痩せる効果を得るというものです。エラボトックスは誰でも小顔になるということではなく、もともと筋肉が多くついている場合には効果を実感しやすいです。注射をするだけなので、1回10分程度の施術を受け入院の必要はありません。個人差はあるものの、注射をした後は晴れたり痛みを感じることは殆どありません。施術後すぐにメイクができますが、施術の当日は腫れやすいため血流が良くなる入浴は控えてシャワーを浴びる程度にします。激しい運動や顔のマッサージなどは内出血などの要因にもなるので控えるようにします。エラボトックスをしてから効果を実感するには、注射してから2〜3日程度から効果が徐々にあらわれ始めて2週間程度で安定していきます。即効性はないため、注射してすぐに効果があらわれる施術ではありません。注射をして効果の持続については約4ヵ月程度なので小顔を維持するためには定期的に注射することが必要ですが、注射を続けていると元に戻りにくくなることもあります。注射を回数を重ねると持続時間が少しずつ長くなるのは、長期間咬筋を使わないことや、噛み方などの癖がかわるなどが要因と考えることができます。動かさない状態が長く続き筋肉が弱まって小さくなり、それが自然な状態となるためボトックスを続けていると効果の持続時間は長くなっていくことがあります。エラを小さくして小顔に見せるにはエラボトックスをする方法があります。筋肉が発達した場合に効果的なので技術や経験豊富な医師やクリニックに相談をしてみるのもコンプレックス解消につながります。