小顔になりたいならエラの張りを無くそう【ボトックス注射が最適】

エラが気になるあなたにおススメしたいボトックス

ボトックスでエラをなくす

注射

エラが張っていて小顔に見えない場合にはボトックス注射で手軽に小顔になる方法があります。筋肉が発達してエラが張っている場合にボトックス注射は向いているので、技術力のある医師やクリニックで相談すると良いです。

ボトックスでエラを小さく

医師

スッキリ小顔になれるボトックス

エラが張っていると顔が大きく見え、顔全体のバランスも崩れてしまいますが、食事制限や運動などのダイエットではエラを小さくすることはできません。なぜなら、エラ張っている原因は脂肪ではなく、骨そのものの形か、筋肉が発達することにあるからです。奥歯を強く噛み締めた時に使う筋肉で、奥歯を力を入れて噛んだ時に耳の下にふくらみが出るなら、咬筋の過剰な発達によってエラが張っている可能性があります。そのようなエラが張った顔を改善する方法は、骨を削るか筋肉の働きを弱めるしかありません。エラ削りは永久に効果が持続するものの、3日程度の入院を必要とし、ダウンタイムの腫れが治まるまで2週間から1ヶ月程度かかります。費用もかかるため、骨ではなく筋肉に原因がある場合に最適なのが、ボトックス注射です。施術では、筋肉の動きを緩和する薬液を、咬筋に注射で直接注入します。注射を1本打つだけの施術なので、約10分で完了できるのがメリットです。術後は3週間から4週間程度経過したのちに、エラが徐々にシャープになっていき、スッキリしたフェイスラインになっていきます。効果は半年から1年程持続し、永久に効果を得られるわけではありませんが、繰り返し施術を受けることで筋肉そのものが小さくなり、持続時間が長くなるのが特徴です。咬筋がボトックスの効果で萎縮すると、咬むための筋肉が緊張しないようになり、歯ぎしりや顎関節症の症状が改善することもあります。注射を打つ前には感覚を麻痺させる麻酔クリームを塗り、さらに極細の注射針を使用して薬液を注入するので、痛みはほとんど感じません。術後の通院を行う必要はなく、術後の腫れは個人差があるもののほとんど目立ちません。また、カウンセリングを受けた当日に治療することが可能です。ボトックス注射で使用する薬液は、ボツリヌス菌の毒素から抽出されたもので、健康を損なわないように精製されています。筋肉に注射すると神経と筋肉の間をブロックし、筋肉が収縮する力を弱めることができます。筋肉は使わないと衰えて小さくなっていくので、筋肉の発達により張ったエラに効果的というわけです。

ボトックス注射の効果とは

カウンセリング

ボトックス注入を行なうことで、エラの筋肉に作用します。もし、顔を大きく見せている原因がエラにあるのであればボトックス治療を受けましょう。また、実際に治療を受ける場合には、クリニック選びを慎重に行なうべきです。

効果的なボトックス注射

鏡を見る人

エラが張っているのは骨格ではなく筋肉が発達しているだけかもしれません。ボトックス注射は筋肉の収縮を弱められます。即効性はありませんが、徐々に輪郭がシャープになります。

エラボトックスの費用など

看護師

小顔効果やシワ改善のために、近年仕事帰りなどで気軽に治療が受けられると人気が高まっているのがエラボトックスです。他の治療を比べて注射だけで住むため費用も高くなくダウンタイムなどもありません。

ボトックスの効果

顔を触る人

顔のエラの部分の筋肉が発達してることによって顔が大きく見えてしまうこともあり、このような症状で悩んでいる人には美容クリニックのボトックス注射が役立つことになります。